スマホ料金を安くする方法

月々の携帯料金は、安くすることができる

毎月のケータイ代はバカになりません!
現在はキャリアの運営するスマホを利用していますが、色々自分に合ったコースで割安になる方法を選んでいますが、月に4千円~5千円になります。もっと割安にならないか調べました。

 

Screenshot.png6

 

 

携帯料金は主に、通話料金、データ通信料、オプション料金、端末代金の4つで構成されていることがわかります。

 

 私は通話は余りしませんが、インターネットを良く利用しており、ノートパソコンタブレットを利用しますので、無料WiFiのない所では、スマホでテザリングを利用しています。
データ量は1ケ月に7GB利用できるコースを選んでおり、当月使用分の残量は翌月に回す事が出来ます。

通話料金につきましては、使った分だけのコースに変更し、使用しないオプションは出来るだけ外しました。これだけでも金額がだいぶ下がりました。

しかも自分はまだ行っていませんが、自宅のインターネットやプロバイダーをその会社の回線に変更すると更に料金が割安になります。

pixta_16693495_S (1)

 

 

シニア層の携帯からスマホへの 乗り換え動向

 

 

スマートフォン

 

 

スマートフォン/今後の可能性

 

 

simufuri-v

 

おすすめ格安SIM

 

 

 

 screenshot8

 

 

シニアの生き生き生活

1、格安SIMサービスを利用する。

格安SIMの「SIMカード」について調べてみました。

SIMカード(シムカード)とは、携帯電話やスマートフォンなどに挿入して使う小型のICカードのこと。回線契約の契約者を識別するために必要で、電話番号など契約に紐づく情報が記録されています。
使用するスマートホンについても、シムロックされている物とフリーの物があります。


普通に携帯電話を使っている場合、SIMカードを抜き挿しすることはほとんどないためSIMカードを目にする機会は少ないと思います。

 

さて、この格安SIM、キャリアの契約に比べてなぜ低価格になっているのでしょうか。それは

1、回線設備をキャリアから借りている
2、実店舗を持たない

回線を(ドコモ・au・ソフトバンク)などのキャリアから借りたうえで、いわゆるケータイショップなど実店舗を持たないことが多く、販売にかかる様々なコストを削減しています。

ちなみに
自ら回線設備を持つ事業者をMNO(ドコモやau・ソフトバンク)など、そこから回線を借りてサービスを提供している事業者をMVNO(楽天モバイルやFREETEL SIM・モバイルくん)などと現在は呼んでいます。

PAGETOP
Copyright © シニア向け格安スマホ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.